teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


『米軍』が『広島市』へ『原子爆弾』投下。

 投稿者:管理人2  投稿日:2019年 1月18日(金)06時58分28秒
返信・引用
  『米軍』が『広島市』へ『原子爆弾』投下。

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/x/jupdate.html

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/9/4/5/n1945_0701.html#8_06

http://consp.skr.jp/cc/02/d/08/0806.html#1945

( 個人的意見 )
 
 

Sharing "Tamasudare" performance

 投稿者:王瑞豊  投稿日:2019年 1月18日(金)06時48分57秒
返信・引用
  My high school class mate was performing her hobby “Tamasudare” at 2019 high school class reunion on Jan. 12, 2019 at Hotel SinHankyu, Osaka, Japan
https://www.facebook.com/ruifeng.wang
 

前島君、安らかに?

 投稿者:王瑞豊  投稿日:2019年 1月 7日(月)00時51分34秒
返信・引用
  瀧 梢 さま、
宮田英男 くん、
前島忠文くんが逝かれたとの訃報を初めて知りました、お知らせ頂きありがとう。
大手前2年生の時放課後いつも2人で大阪城一周のマラソンをしたものです。あの頃造幣局の焼け跡はまだ手付かずで空襲の激しさを物語ってました。半世紀を経た2011年1月9日前島君の肝いりで宮田英男吉田千秋田中壮一諸君と共に母校を訪れ大阪城に遊んだ際その焼け跡もすっかり姿を変え美しい公園となっていました。
王瑞豊 12/27/2018於Dexter, Michigan, USA
 

前島君を悼む

 投稿者:宮田  投稿日:2018年11月22日(木)20時05分7秒
返信・引用
  前島君が亡くなられたとの知らせが奥様から送られてきました。9月30日とのことです。彼とは今年2月に東京で会ったばかりで、その時は元気そうだったので、信じられない程の驚きです。
  彼とは高校の3年間同じクラスで、大学時代には二度一緒に北海道旅行をしました。スキーにも行きました。最近では4年前に二人でオーストラリアまで皆既日蝕見物にも行きました。むこうはどう思っていたのか知りませんが、少なくとも私にとっては高校時代の一番の友人でした。
  自分が今も命を永らえているのは幸いなのかもしれませんが、親しい人々を見送るのは辛いものです。今まであまり人生の試練を受けていない自分にとってこのつらさに耐えることがこれからの試練かもしれません。
 

平成30年新年会?

 投稿者:王瑞豊  投稿日:2018年 1月 8日(月)07時47分3秒
返信・引用
  平成30年新年会が盛況裡に開催されましたこと、お祝い申し上げます。なつかしい同窓の方々を写真とvideoで拝見し、皆々様が今年も益々お元気で!と、念じています。
この冬こちらは殊の外雪が深くいつもは冬は薪割りとなっていましたがそれも止して、日永暖炉のそばで「おしん」を観て過ごしています。春になれば次女一家と共に北京を訪れ、其の後連れ合いと2人で西安経由で成都、重慶に行き揚子江下りの旅を予定しています。
みんぱくバーチャルミュージアム:
http://www.minpaku.ac.jp/panorama/main/index.html
Click to high-light the area name "中国地域の文化" located at the upper right corner, then click a red-colored spot to find what the exhibition you have interested. You can move the sight from different view as you wish! 12/28/2017
 

瀧梢さん、遠いところをよく来てくださいました

 投稿者:王瑞豊  投稿日:2018年 1月 8日(月)07時13分23秒
返信・引用
  瀧梢さん、遠いところをよく来てくださいました、これほど嬉しいことはございませんでした。同窓の皆さま、Dexter, Michiganへ何時でもどうぞ!
My high school classmate visiting from Japan Sep. 4-7, 2017:
https://youtu.be/UCPGWJANLZ8
 

岸田さんのお葬式

 投稿者:川野由紀子  投稿日:2017年10月23日(月)20時18分46秒
返信・引用
  さようなら、ありがとう!と言いたくて岸田さんのご葬儀に参列してきました。在りし日の元気な彼女の遺影を見ていろいろな事を思い出しました。学業優秀、体育優秀、音楽優秀、演劇NHKの芸術祭参加番組に呼ばれる、いつも明るく元気はつらつの彼女は刺繍も大好きで、いろいろな色を手元に置いておきたいと言って、糸屋をしていた我が家から刺繍糸を全色そろえて持って行った事がありました。また、三つ子を育てている私に大変でしょう?と言ってくださり[まーちゃんだって3人で大変でしょう」と言ったら「睡眠時間削る以外ないのよね!」と言っていました。彼女は寝る時間を惜しんで働いているんだーと強く心に残りました。40代になって彼女の家の近くに引っ越してからは来てくださったり、お伺いしたりして、大手前で英語を教えてもらっている娘の受験の相談にのってもらいました。ある時彼女が「梅田にタップダンス習いにいかない?」と誘われた時に驚いて「あなたのように立派な仕事をして忙しい人がなぜ?」と聞いたら「仕事辞めたら何も残らないのよ」と言ったのを思い出します。運動嫌いの私はお断りしましたが一緒に行っていればもっと思い出が増えたのにと思います。一生懸命、精いっぱい生きてきたまーちゃんは今やっと、のんびりしているのでしょうか。ありがとう!さようなら!ご冥福をお祈りいたします。  

平成29年新年会

 投稿者:王瑞豊  投稿日:2017年 1月11日(水)03時54分21秒
返信・引用
  平成29年新年会の盛況をお祝い申し上げます。60年前にタイムスリップさせていただきました。我ら青春よ、末永く?諸姉兄の御健康を念じています。
吉田千秋学兄の地道な活動に感服しています?? 1/10/2017 at Dexter, Michigan
 

久しぶりにHPを開きました

 投稿者:中尾 敦子  投稿日:2016年 6月 5日(日)18時50分18秒
返信・引用
  後期高齢者へ突入する2017年までもう半年になりました。小中の同窓会からも訃報や病に伏せる仲間の連絡が多くなりました。数少なくなった廣島原爆の被害者なんですが、家族の誰もが後遺症のようなものも無いままに父は80歳、母は90歳代まで生き終え、20年生7月31日廣島生まれの妹を含めて姉妹など5人全員壮健な高齢者です。父母は頑なに被爆手帳などを申請新生しないままに命を終えましたが、残された子どもは被爆後50年過ぎて罹災証明を提出し、認定を受けています。今年オバマの訪問以来廣島がクローズアップされる度に、私もそろそろそれらしく平和活動もして冥土にいかないと思う昨今です。その第一弾として海外に住むダブルの孫4人を連れて冬の廣島訪問をしました。私たちの世代はかろうじて戦争の匂いや痕跡の残る時代に生きてきましたので「平和」を語りつないで逝きたいと、HPの思い出の時間などを拝見した所感です。HP作成の方本当にありがとうございます。生きてきた歴史を思い返しながら拝読しました。どうぞ同窓の皆様方お元気でごきげんよう!
 

今井典子さんの著書

 投稿者:瀧 梢  投稿日:2016年 1月21日(木)10時27分16秒
返信・引用
  今井典子さん(2組)は東大の大学院(国史学)修了後、三井文庫勤務を経て住友修史室(現住友史料館)に転じ、副館長として退職されるまで、住友家に伝わる文書を駆使して近世日本の銅の生産・流通の歴史、それを担った商人の実態などを研究されて来られました。その最大市場は大坂の銅商人社会であったとのこと。

昨年(2015年)5月にその集大成を「近世日本の銅と大阪銅商人」(思文閣出版)から上梓されました。

また、同じく昨年にドイツのBRILL社から出版されたCOPPER IN THE EARLY MODERN SINO-JAPANESE
TRADE (Keiko Nagase Reimer著)にも今井さんの銅にかかわる論文が英語にになって出ております。

平成15年(2003年)に大阪歴史博物館で催された「よみがえる銅(アカガネ) 南蛮吹きと住友銅吹所」展でも今井さんの力なくしては成立しえなかったものでした。

上記の著書には大阪の銅商人の名や大手前の校区であった地名が多く出てきて、何となく懐かしさを覚えます。また江戸の一時期、日本の銅の産出量が世界一だったとか、長崎貿易を通してなされていた日本の銅の輸出が世界経済に大きな影響を与えていたことなども明らかにされてます。

なお、この本の紹介は、控えめな今井さんには許可を得ず、瀧が勝手に投稿しております。新年会でご披露したかったのですが、ご本人から同意を得られなかったのでここにご紹介する次第です。

                                2組 瀧 梢(旧姓 大森)
 

レンタル掲示板
/5