teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:38/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

伊東温泉東海館 ★★

 投稿者:義満  投稿日:2014年 8月20日(水)23時14分48秒
  通報
  06/07/26(水)   曇り 伊東温泉東海館   ★★

 東海館は、昭和3年に創業し昭和13年の伊東線の開通で伊東温泉が賑わうようになり、昭和14年の
年間宿泊人員調査では13,774人と伊東温泉全旅館60軒の内で2番目に位置していたが、他の旅館
同様栄枯盛衰の波にもまれ平成9年に廃業し、伊東市に寄贈された。平成13年に伊東市の文化財として
生まれ変わった。
 市営大川橋駐車場に車を入れ松川畔に出ると、対岸に威風を感じる老舗旅館が立ち並び、東海館対岸
の遊歩道からひと際目立つ東海館の鐘楼をパチリ。細い正面玄関前の道に入り、彫刻を施した風格の有
る唐破風屋根の玄関をパチリ。
 履物をビニール袋に入れて持ち、受付で入浴料を払い係員に右手の大浴場へ案内して頂く。
 暖簾をくぐって入った更衣室は?脱衣棚に籐の脱衣籠が12ヶならんでいて、意外と小さい。
 浴室には、名の有る職人が作った大きな唐獅子の湯口から透明の温泉が半円形のきれいなタイルの
浴槽にジョロジョロ注がれ、浴槽の縁から静かに溢れてタイルの洗い場へ流出している。
 お湯は、飲んでみたが味判らず。適温の無色透明でさらりとしているが、なにか体に優しい温泉。
 昭和20年代には200人以上の収容力が有った旅館としては、浴室は小さい。“きっと帳場から部屋順に
案内され入っていたんだろうなあ” などと空想しながら1時間程入ったり出たりを楽しんでいると、上って
からも汗が止まらない。
 16時30分に入ったときには、更衣室に居た4人が上がる時で、浴室は終始独占。
 せっかくだからと館内見学。1階の客室を廊下から見ると、各部屋毎に飾り屋根と飾り窓をつけ、奇木を
あしらっている。階段の柱はこれ又磨き上げられた変木が光っていて、このような階段は初めて見た。
 2階の客室は施錠されている部屋が多いが、開いている部屋へ入ると、書院窓には富士山が描かれ床
の間の変木がひと際目を引く。3階に上がると、大広間の床の間の柱も粋を尽くしている。この床の間の
前で午睡をすれば楽しい夢が見られるかもと、けしからぬ考えが頭をよぎる(^o^)。4階の望楼からは、
町並みの先に山と海。
 じっくり見ていると、いくら時間があっても足りない。

 泉 質  アルカリ性単純温泉
 泉 温   26,3°C  湧出量 記載なし   pH 8,6
営業時間  大・小浴場の時間割りで、大浴場男性11時~13時・16時~18時
        大浴場女性13時30分~15時30分・18時30分~20時  500円
 
 
》記事一覧表示

新着順:38/267 《前のページ | 次のページ》
/267