teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:56/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

熊谷温泉湯楽の里

 投稿者:義満  投稿日:2014年 8月15日(金)23時42分5秒
  通報
  05/11/23(水)    晴れ 熊谷温泉湯楽の里

 旧国道の熊谷警察前交差点を寄居方面へ曲り、新幹線の高架が見える交差点を左折し、新幹線を
くぐって秩父鉄道の踏み切りを越えると、大きなラーメン屋の先に湯楽の里とコーヒー館と○○との大きな
共同駐車場の奥に湯楽の里。
 100円返却式の下足入れに靴を入れ、印刷して持参すると入会金が無料になる湯楽の里公式HPの
入会申込書を出すと、県内の湯楽の里の共通会員証を発行してくれる。
 右側の食堂を覗いて、磨き上げた通路を左に進むと、センター系にしては小ぶりな更衣室。100円返却
式のロッカーが並んでいる。
 注湯が止まっている掛け湯で掛け湯して、温泉を使用している露天へ一直線。内湯の全てと露天の
檜風呂は真湯。
 露天の真中に加温・循環の岩風呂に石の塔から温泉が噴出している。岩風呂の先の左から壷湯・檜風
呂・段滝座石・寝湯・寝転び湯と、岩風呂を囲むように並んでいる。壺湯・段滝座石・寝湯・寝転び湯には
【源泉加温かけ流し】と表示している。
 段滝座石には、正面の壁からと右の石組みと左の床から温泉が注湯され、微緑色の湯面には多数の
湯の花が漂い、床から注湯されている回りにはあぶくが多数浮いていて、岩風呂への流水路と隣の寝湯
へ流れて行く。狭い浴槽に浸かりながら、成分で黒赤になった石組みの注湯口を暫らく注視してみたが、
炭酸のプチプチは見えない。ぬる湯でいくらでも入っていられそう。
 寝湯には、右手の石組みの注湯口から温泉がチョロチョロ・チョロチョロ流れ込み、真中の床からも温泉
が噴出している。寝湯としては少し深く、小柄な人は溺れそう(笑)。
 熊谷湯楽の里では一番良かった壷湯が4っ有り、常に空いているので数回入った。偽竹の湯口から
温泉がジャージャー注がれ、入ると微黒緑のお湯が音を立てて溢れ出し気分良い。湯口の下には、針の
ように光る細い筋が沢山立ち登ってくる。飲んだが、味は判らず。
 新幹線の通過する音が時々、ゴーーと聞こえる。
 寝転び湯は火照った体には気持ちよいが、この時期では体の上部が寒くなる。それでも数回入った。
 塩分が少なく、暖まり系の温泉ではない。次回は夏に来てみよう。
 しかし、真中の岩風呂だけは残念。湧出量が1分間に634Lも有るのに。どこかへ運搬しているのか、
揚湯量規制か。夏には、生源泉掛け流しをやれば、最高なんだけどなあ。

 泉 質  単純温泉
 泉 温   36,5°C  湧出量 634L/分   pH 7,6
営業時間  9時~25時  平日700円 土日祝日800円  無休


11/01/15(土)    くもり 熊谷温泉湯楽の里
 温泉博士を利用した、埼北温泉愛好会オフ会。湯花も泡立ちも見られない。色はほぼ透明。
 【非加熱】と表示している壷湯も、僅かだが加熱しているよう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:56/267 《前のページ | 次のページ》
/267