teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:255/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中・南伊豆湯めぐりの3

 投稿者:義満  投稿日:2012年 3月13日(火)17時38分26秒
  通報
  12/03/06(火) 晴れ 小土肥温泉おどい荘

 土肥町の中心【土肥中浜】交差点から戸田方面へ1K弱進んで海岸を離れ、300m程走った
大通りが左にカーブする正面に、八幡神社の大鳥居と消防団小屋が表れる。ここで大通りと別
れて消防団小屋裏の直進の細道に入ると、間もなく右手におどい荘。
 玄関で呼び鈴を押し暫らく待っていると出てきたお婆さんに温泉に入りたい旨告げると、「民宿
は正月(昨年)にやめてしまった」。温泉はそのまま家族風呂として使っている由。再度頼むと「いいよ」と別棟
の浴室に案内された。入浴料を尋ねると「500円も貰っておこうかね」。
 脱衣場は家庭用そのもので、洗い場も雑然としている。
 湯温低下防止用の銀マットを外すと、4人は十分に入れる石造りの立派な浴槽が表れた。
 湯中に伸びた塩ビのパイプから適温の温泉が注入され、透明のお湯が浴槽縁の切欠きから流出している。
 入ると、ヌルヌル・トロトロ。払っても払っても体は泡まみれ。いゃー凄い温泉。舐めると弱い塩味とニガリの
ようなニガミ。
 少しだけ長湯のつもりだったが、ヘロヘロで汗引かず。後の行程がタイムアウトになってしまったのも惜しく
なく、早く知っていれば泊りたかった温泉。
 以下はお婆ちゃんの話。
 一人で50年ここまでやってきた。自分が死んでしまえば手入れする人も居なくなるが、それまではだめよ。
 お婆ちゃんの息子は、埼玉県警にいて定年が近づき寄居に家を造った。
 道路沿いに流しているのは、温泉。「又来て下さいね」と言われた最後の言葉が気になる。
 温泉に入らずに車で待っていた相方は、ミカンを4つも貰っていた。

 泉 質  Ca2・Naー塩化物・硫酸泉
 泉 温  46,5℃  湧出量 記載なし pH 7,7
営業時間 要問合せ  入浴料 500円
 
 
》記事一覧表示

新着順:255/267 《前のページ | 次のページ》
/267