teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:126/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

河辺温泉梅の湯

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 2月22日(金)20時07分25秒
  通報
  2008/01/09(水) 晴れ 青梅河辺温泉梅の湯

 JR青梅線河辺駅前左側の河辺タウンビルの5階・6階。連絡歩道橋は工事中。
 エレベーターで5階に上がると先客が1人いて、開店時間には10人以上並んでいた。5階に、受付・
食事処・休憩所・畳敷きのごろ寝処等が配置されている。先月18日オープンなので、まだ新しい。

 100円返却式のコインロッカーに靴を入れ、フロントで入浴料を支払い靴箱の鍵を渡して更衣室の
ロッカーキーを受け取り、左先の高い階段を上がると浴室。
 更衣室は明るいが、壁際には4段積みのロッカー・中央にも3段積みのロッカーが並び、通路が狭いので、
混雑時は使い難いのではないか。床は籐のすのこ敷きで、足に優しい。
 内湯にはサウナ他、右手に各種の真湯槽が設置され、温泉使用浴槽は左手窓際の【循環】と表示した
L型の主浴槽のみ。磨き上げた石板の湯口から、透明の温泉が8人程度入れる主浴槽にジョロジョロと
いうよりはチョロチョロと注入され、うどん粉と灰をまぶしたような色のお湯が、黒御影石の縁の欠けた所
から極々僅かに溢れている。入るとヌルヌル。大きな湯花も多数浮遊していた。オープン当日と一週間後
に入った御二方は「体に炭のような粉が着く」とレポしていた。本日は付着物はないが、納得。
 一度露天に出てから二度目に入ると、湯花は湯垢のように細かくなっていた。朝一で入った時は、あまり
循環をしていなかったのか??。主浴槽の左手部分は浅くて寝湯をすると非常に気持ちよいが、温度計
は42℃を指していて、気をつけないとダウンする。石板の注湯口の三本目のノズルから、間歇的に音を
立てて温泉が注湯される。
 露天にも、岩風呂・寝湯・井桁湯等有るが、温泉は【掛け流し】と表示した檜の湯のみ。
 定員3人の檜の湯は、湯口から透明の温泉がトロトロ注がれ、粘土を溶かしたような色のお湯が、通路
側の浴槽縁から溢れて、集湯口に吸い込まれている。“うーん、これは良い”。朝一の時は泡がいっぱい
だったが、その後は泡は見えなくなった。飲むと硫黄の残味を感じる。
 検温に来た係員に尋ねると「41℃」。長湯したいが、体が言うことを聴かない。比較的空いていたので
出たり入ったり。展望はない。真湯にははっきり【井水使用】と表示されているのは好感。

 上がってからもなかなか汗が引かない。5階の食事処は分煙されていて、窓際からは川辺駅が良く見える。
 道路を挟んだTOKYUの5~8階の駐車場は4時間迄無料。

 泉 質  アルカリ単純泉
 泉 温   28,3°C  湧出量 70L/分  pH 9,4
営業時間  10時~23時  入浴料 840円 年中無休
 
 
》記事一覧表示

新着順:126/267 《前のページ | 次のページ》
/267