teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:257/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中・南伊豆湯めぐりの5

 投稿者:義満  投稿日:2012年 3月13日(火)17時32分54秒
  通報
  12/03/06~07 やまびこ荘

 5~6年前から狙っていた温泉。廃校になった大沢里小学校を活用した温泉施設。
 西伊豆町の国道右手にあるスーパー青木前の【浜橋】交差点で国道と別れ仁科川に沿って
山間へ向かう。途中1車線になり “この先に集落があるのかなー” と心配しながら8キロ走ると
谷間が開けて集落が出現し、ヤレヤレ。右上の高台に “あれがそうかな?” と思われる大きな
建物が見える。左手のやまびこ簡易郵便局右先の細道に入りぐいぐい上がると更に急坂の細道になり
停車して道路状況を見ていると右上の民家から現れた女性に「やまびこ荘はそのみちを上がる」と教え
られ、そのまま突き進むと広い校庭に飛び出した。
 浴室は事務室の隣。更衣室にはボードの棚にプラスチックの籠。
 8人程度入れる木造の主浴槽と2人で満員の石造りの小浴槽が連なり、主浴槽の温泉成分が白くこびり
付いた太いカランから適温の温泉がドカドカの注入と、主・小浴槽各々の湯中に伸びた塩ビのパイプから
加熱した温泉が注入され、主浴槽縁から溢れている。
 中浴槽はやや温め。ヌルスベの柔らかいお湯で、入りごこち好い温泉。お湯はあくまでも透明で足の爪先
が青白く光っているような気がする。
 小浴槽は熱めなので、カランの栓を捻って適温の温泉を入れた。入るとお湯は主浴槽へ流れ込む。
 朝湯で窓を開けると白い梅の花が満開。温泉に浸かりながら梅の花見とはなんとも優雅。

 広い廊下は小学校の雰囲気を色濃く残し、階段も磨きこまれている。なにか懐かしい風情。
 部屋は1階2の1(2年1組)12畳の部屋に、コタツが設えられていて嬉しい。室内にはないが、廊下に茶托
セット・電子レンジ・灰皿等が並んでいる。
 朝7時半に子供の声の校内放送で「給食室からのおしらせと保険の先生からの衛生の話」が流れる。
 給食室の一つ上の集落から通勤しているという40代の小母さんの話では、この辺りは鹿の被害がひどく、
畑には柵をしている。山を下りて食糧を漁るので鹿肉は不味くなり、最近は食べなくなった。

 以下は部屋に有った案内書より。
 明治25年、大沢里小学校開校。明治40年4月1日、現在の校舎落成。昭和17年、在校生ピーク241人。
昭和48年3月20日の廃校時には、1年生 1名 2年生4名 3年生5名 4年生11名 5年生12名
6年生12名在校。昭和51年7月1日 やまびこ荘開設。

 泉 質  Ca2・Naー硫酸塩泉
 泉 温  38,7℃  湧出量 886L/分 pH 8,7
営業時間 12~22時  入浴料 500円  (宿泊朝風呂6~10時)
 
 
》記事一覧表示

新着順:257/267 《前のページ | 次のページ》
/267