teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:145/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

極楽湯幸手店

 投稿者:義満  投稿日:2012年 9月 1日(土)09時54分5秒
  通報 編集済
  12/08/31(金) 晴れ 極楽湯幸手店

 国道16号線の【小淵】交差点から国道4号線を栗橋方面へ10K走った右側の大きな
駐車場の奥に極楽湯。
 温泉博士に捺印してもらい、売店・食堂・休憩所をぐるりと回り込むと浴室。
 広い更衣室には100円返却式三段積スチールロッカーが並んでいる。
 内湯には、【浮舟】と記した10人程度入れる青石造り木枠の浴槽に、丸太の湯口からはドバドバの投入と浴槽内からも温泉が噴入し、透明のお湯が張られている。
 湯口下は海岸の波打ち際のように白く泡立ち、塩分が多いことを窺がはせる。
 露天に出ると右から、2人分の真湯のジェット浴槽・壺風呂3つ(真湯)・屋根の下に石造りの【石遊】と表示したぬる湯・あつ湯・内湯の前には真湯の水風呂が配置されている。
 屋根を架けた石造りの10人は入れる石遊(ぬる湯)と6人程度で満員のあつ湯が連なり、各々の浴槽に黒く変色した大石の湯口から温泉がボシャボシャ注がれ、透明のお湯が湛えられている。
 入るとはっきりとしたツルツル感。飲むと汐汁味。
 大屋根の下のぬる湯は、庇から白い霧が噴霧され、猛暑日にはありがたい。板箱の湯口から温泉がザバザバ流入し、透明のお湯が満ちている。
 なにか匂う。塩素か肥え肥か。
 露天の数か所には床石を冷やすための霧が散布され、入浴客への心使いが窺はれる。
 極楽湯チェーンには過去数店入ったが、幸手の湯使いはちよっとよい。
 上がると肌はサラサラ。

  泉 質  Na-塩化物強塩泉
 泉 温   52,1℃  湧出量 408L/分  pH 6,9
営業時間 9時30分~26時   入浴料 平日 650円  土日750円

   
 
 
》記事一覧表示

新着順:145/267 《前のページ | 次のページ》
/267