teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:155/267 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大宮 むさしの湯

 投稿者:義満  投稿日:2012年 6月28日(木)20時36分22秒
  通報 編集済
  07/01/08(月)    くもり 大宮むさしの湯(30回以上入浴)

 大宮駅東口の駅前通りを真っ直ぐ走り、第2産業通りの南中野交差点を直進して次の信号を通過した
右側。大宮駅から約10分。信号待ちの車が多い場合は見難いが、大きな看板がある。
 プッシュキー式の下駄箱に靴を入れ、左の発券機で入浴券を買って右側の受付に渡して浴室へ。
 【木の湯】と【石の湯】が有り、偶数日の男性は【木の湯】。
 更衣室はには、コイン返却式の小ぶりのロッカー。使用者が多くいので狭苦しく感じる。
 パンフレットでは、露天風呂は全て天然温泉と記しているので、掛け湯をして露天へ一直線。

 露天に出ると、右から檜湯・樽の湯・香りの湯・宮の湯と、樽の湯以外はいずれも屋根を掛けた狭い空間
にぐるりと並んでいる。10人程度入れる檜の湯は、奥の角の樋から温泉がドカドカ注がれ、浴槽内注湯も
ある。7人程度入れる木の大樽の浴槽は、木の樋から温泉がジャカジャカ注湯され、注湯口付近は泡立ち
湯花も浮遊し、微茶濁りのお湯が溜たえられているが、3人入ると浴槽の縁から溢れ2人になっても暫らく
は溢れていた???。入浴者数Or時間により注湯量が変わるのか?。本日の1番好い温泉。
 10人以上入れる本日の香りの湯は【コラーゲン】の表示が有り、ワインレッドのきれいな色。多少だが
ヌルスベを感じる。20人以上入れそうな飴色をした宮の湯は、お湯がなまっている感じで、サッと入った。
 樽の湯主体に入ったが、かなり塩辛い温泉。

 泉 質  Na-塩化物泉
 泉 温   35,8°C  湧出量 461L/分  pH 7,3
営業時間  10時~24時 無休 入浴料 平日600円  土日祝日700円

09/03/05(木)    晴れ 大宮むさしの湯 ★

 温泉博士を使い、久しぶりに訪問。本日の男湯は石の湯。
 石の湯も内湯は木の湯と同じく全て真湯。
 露天の正面に【神酒のつぼ湯】、左に【龍神の湯】左奥に【赤釜】と記したサウナが配置されている。
 三つの壷湯は掛け流し。木の湯口から透明の温泉がジョロジョロ投入され、青黄土色濁りの温泉が溢れ
ている。透明度30㎝。浸かるとキシキシ・カサ感。飲むと塩辛い甘い。
 屋根を架けた20人以上入れる石造りの龍神の湯には、石板の湯口から温泉がジャカジャカの注入と
内湯側の石の間から強い噴入もあり、青黄緑色透明の温泉が浴槽の出入口の浴槽縁からかなり流出し
ているが、掲示では【循環濾過】。
 12~13時の間、露天の入浴者少なく独占も度々。食事処は、喫煙席は座敷で禁煙席は椅子席。
営業時間  10時~24時 入浴料 平日700円  土日祝日800円 第3水曜休み

09/03/12(木)    晴れ 大宮むさしの湯

  昼食に温泉博士。本日の男湯は木の湯。縦長の大きなロッカーもあった。内湯はカルキの匂いが充満
しているので、露天で浸かった。
 宮の湯は従来と変わらず飴色透明だが、大樽風呂は黄青濁りで桧の湯は青黒濁り。本日の香り湯は、
菜の花風呂でダイダイ色。
 大樽風呂は【循環・濾過】と表示しているが、泡付きもあり常にオーバーフローしていて、鮮度感も有る。
 桧の湯も、注入量と比べると少ないが浴槽縁の切り欠きから温泉が流出し、以前よりはかなり良い。

             画像は2009年3月5日石の湯の壺湯
 
 
》記事一覧表示

新着順:155/267 《前のページ | 次のページ》
/267