teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/108 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2015.1.5の練習内容

 投稿者:樫村正生  投稿日:2015年 1月 6日(火)16時14分37秒
  通報 返信・引用
  2015年あけましておめでとうございます。昨年の久留米音協合唱団の記録係になった樫村です。1回目の記録です。19:30分から田中豊輝先生のボイストレーニングが始まりました、先生を紹介すると(合唱関係者の方はご存知と思います)大久保混声合唱団指揮者他多数の合唱団を指揮、そして「発声」の指導者です。用意するもの「新分子部・割り箸1本)①まず、新聞を1枚半分にする⇒新聞を縦に裂きながら(新聞はたてにしか裂けない)「あ」の声を出しきると同時に新聞を裂ききる⇒その時「ア」の発生を出す前に新聞を裂きだす⇒その時背筋をきちんと伸ばす⇒「ア」の声を出す際に一歩前へ足を踏み出す⇒ビブラートの解除方法・部屋の周りの壁に架空の横線を目でなぞりながら声を出せば段々とビブラートは出なくなる(私もビブラートが出るので練習する)②「アエイ」の発声⇒割り箸の根元を奥歯で噛んで「アエイ」と声を出す⇒「アとエ」は喉を丸くして発声するので出しやすいが「イ」は奥歯を噛み締め顔面の頬(鼻の両翼)に息を流すと綺麗な「イ」の発声になる(結構難しいよ!)③「アオウ」の発声⇒割り箸を奥歯で噛んで「ア」の時は顔前に両手で丸を作り息を流す「オ」は両手を上にあげながら喉の奥を開けて息を流す・「オ」は声が引っ込みやすくなるので注意「ウ」は喉の奥の丸を窄めて息を流す・「ウ」も声が引っ込みやすいので注意⇒総じて
「声」はハッキリと前にだし胸に籠らせない、特に母音は流れるように発声し子音はスパッときるように歌うと聴く側は「日本語」がよりわかりやすく聴こえる(前半終了10分休憩)後半は「初心の歌」から「とむらいのあとは」の歌い方の指導①各パート毎に旋律部分の歌い方の指導⇒旋律を母音だけで歌う(これで声が前に出ているか引っ込んでいるかの判別がわかる)特に「イとウとオ」の発声が引き篭りやすくなる②歌詞の拍頭をパート毎に遅れないように揃えること③各自で新聞を裂きながら歌の母音は常に流し・子音は短く切って歌えば日本語がより明瞭に聴こえるようになる。以上、舌足らずの面もありますが報告いたします。出席人員約二十数名(S7名?A7名?T6名B3名?)
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/108 《前のページ | 次のページ》
/108