teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


20回おめでとう!

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 8月18日(月)14時03分37秒
  KIMUさんの20回、って1回1回が思いのこもった貴重な経験ばかりの
登山だし、ほんと、価値ありますね。
おめでとう。
今後も良い山行きが続くように心からお祈りします。
実は、すぐにご返事入れたかったのですが、
何か気の利いたメッセージがないか?
とか、
自分も一回くらい登った後書きたい、
とか思っている間に書きそびれてしまいました。
夏休みに一度登らせていただきたかったのですが、
天候不順と農業、それと膝を痛めてしまったようで足が痛く
登山はあきらめました。
農業の使い痛みか、筋肉痛、関節痛に原因不明、1日はほとんど歩けませんでした。
なんだか何をやってもピントがうまく定まっていません。

膝が痛くても行ける富士山世界遺産構成要素の内の3神社は
写真を撮りたいという人にご案内しましたが・・・

5月~7月にはお寺の掃除、盆参り、一つ一つやっていくしかないなぁ
と思いつつ、KIMUさんの先のメッセージ、
人に言うような変わった話がない今日この頃をそれはそれで大事にしたいと
思っています。
あ、今年は浅間大社の末神社の世話人役員の末端に入りました。
清掃や寄付集め、5月の例祭、、、
なんかその手の仕事は順調に増えているこの頃です。
 
 

読みましたぁ

 投稿者:KIMU  投稿日:2014年 7月 7日(月)16時07分3秒
  かみさん

ご無沙汰してま~す。
トレイル・ランニングタイムは、ほんとたまげました(@_@;)
標高差があるからカラダへの負担は、半端ないと思われ・・・。


そうそう報告が遅れてしまいましたが私も
恒例の身延・七面山登詣 無事 5月末に行って来ました!

久遠寺 総受付入口右横の枝垂れ桜の所に
芍薬が咲くお庭が無い!と思ったら
新しいお部屋が増設されていました。
御開帳とか法事の人の控室っぽい感じでした。

今年は、1年ぶりに山越え。

かみさんの言った通り 感井坊 整備されていましたね。
私が行った時は、本堂も帝釈天堂も開いているし
外には、麦茶の用意もされていて、お参りしてたら
お茶菓子まで出て来て、なんとお守りの鈴までいただちゃいました☆

下の清水坊さんの管理で、これからは、土・日・月曜日は、お坊さんが
常駐するとのことでした。

日朗上人作の帝釈天が拝することが出来、ありがたい。
ふつうの坊のようにお札の用意もあったし、
次回は、ご朱印帳を持ってこようと思いました。


しかしそこからの雨畑に抜ける道が3年前に崩れた所は
そのまま、というか、別のロープを張られた抜け道の距離が長くなっていて
ちょっと心配。過疎の町で予算をかけて林道を直しても、メリットがないから難しいですね。

2丁目神力坊では、8年ぶりに3人目のお子さんが誕生し、賑やかになっていました。
先代の久本上人の生まれ変わりかなぁと思っちゃいました。

敬慎院は、七面様のお厨子のある所が、天井修復中なので
夕勤の時に、お上人方が読経する所に簡易な棚が設置され
そこに七面様の像が安置されているので
低い位置でより近くにご尊顔を拝せました。
あと2年は、このままだそうです。

天井修復を始める時 200年分のほこりが凄かったとお話を伺って
「200年の功徳を授かったありがたい塵のお守り」で商売出来そう(^・^)と
わたしの中の悪魔ちゃんがささやいておりました。


今回も奥の院に宿泊。別当は御留守でお会いできませんでした。残念。
功刀上人では、ありませんが、山務のお上人の方々が熱心で
感心しました。

宿泊が2年前に同じだったおばちゃん達と一緒で
お上人を囲み、朝晩と個人的な話がはじまり、帰りの時間に慌てるほどでした。

その時 聞いた不思議話
そのおばちゃん達が昔 宿泊していた時に
ある男性が食事中にいきなり、食べた物をもどし
脈が止まってしまったそうです。

慌ててその時 別当だった功刀上人のお父様を呼びに行き
すぐに御祈祷をした所 心臓が再び動き出したそうです。

翌朝 お上人に呼ばれ「七面様がたいそう怒っている。
なにか約束を破ったでしょ?」と聞かれ男性は
ある所で神様にお願い事をしてお酒を断っていたが
昨日 食事でお神酒がでたので口にしてしまった、と。

ここが七面山だから助けてもらえたけれど
他で飲んでいたら死んでいたね~という話でした。


わたしも今回で20回目の登詣でした。
ただ無事に来れたことなど感謝のみ。
昔は、神様に挑むような気持ちでいたけれど、そういうことは、なくなり無欲??
昨年は、七面様から法華経8巻を頂きましたが
今年は、羽衣(法衣)をかけて頂きました。
ありがたや~というわけで
日々 正しく心持で過ごして行きたいと思います!(^^)!

北の池の七面堂も行ってみたい。
 

日蓮宗新聞に七面山特集でしたね

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 7月 5日(土)19時55分8秒
  日蓮宗新聞の七面山特集は、自分的には楽しみました。
しかし、4時間でマラソン的に
身延登って七面山登って下って、身延まで登って下るって事?
だとしたら正気の沙汰と思えぬ。

いずれにしても追分の整備は嬉しかったです。


 

身延山参拝お疲れ様です

 投稿者:KIMU  投稿日:2014年 5月11日(日)01時39分19秒
  ご無沙汰しております。

本栖湖の件 お返事せず すいません。
色々調べて頂いてありがとうございました。
東京の某区から宿泊施設への送迎バスがあり、
そこからの移動ということで、相談されたものでした。

タクシーも頼むならきっと 1日チャーターの方が安く済みそうですね。



追分の辺りは、確かに一昨年通った時 荒れてしまいました。
その時は、道が崩れていて大変でしたが
それも含め整備されたのですね。ありがたい。
私も今年は、また山越えをする予定なので、楽しみです。

そしてどうなることかと心配していた
2月の大雪から水道が断水していた七面山奥の院ですが
4月下旬に水道が復旧したようで一安心です。

かみさんの足元にも及びませんが
今年20回目の登詣 頑張りたいと思います!(^^)!
 

五月の・。・・

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 5月10日(土)22時53分5秒
  五月、七面山は登詣できませんでした。
御廟所脇から身延の奥の院まで行って、そこで七面山を
仰ぎ、拝んできました。
しかし・・・
追分、感井坊が荒れていた記憶があり、
残念感は覚悟して登ったのですが、
少しずつ整備され、
温かい気持ちになれました。
よかったです。
整備を担当する方とも話せました。桜がきれいでした。
 

本栖湖から身延

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 1月28日(火)00時52分33秒
  KIMUさん
返事の遅れすみません。

本栖湖から身延というと、本栖湖尻からトンネルを越えて
カーブの続く道を一気に直線的に下る道があります。
景色も豪快ですので天気が良く車が渋滞しなければ満喫できるコースだと思います。
時間的にはたぶん1時間までかからなかったかと思います。
(タクシー料金としては結構な金額にはなると思います)
ただ、本栖湖にタクシーがあったか?
というと記憶がありません。
いま検索してみると、観光貸し切りタクシーのような案内はありましたが、
本栖湖に駐在しているタクシー会社は見つかりませんでした。
本栖湖までどうやって来られるか? などとあわせて考えた方が良いと思います。

KIMUさんが計画するなら日程さえあえば
運転手しても良いですが・・・

さて、お葬式の件、、、、
お年を召されたお上人様でお経が長いことと、何を話されたかわからないことは
結構有名なお寺さんです。
(実際のお経はもうお一人のお上人様の声で聞こえます)
ただ、自分的にはその全部のお経を声を出してお読みすることは
自分からは滅多にありませんのでお経本を持っていって
小さな声ですが一緒にお唱えしました。

さて、新年のお参りをされたようで、お疲れ様でした。
いい年になってほしいですね。
KIMUさんのお心には頭が下がります。
しかし・・・菩提堤で筋トレかぁ。  自分には無理!
巻き道なら2往復くらいなら何とかなると思うけど。

そういえば今回七面山で、連泊7日、という男性がいました。
下ってもう一度登って参籠を繰り返すそうです。
自分は罪障が深いので、とおっしゃっていましたが、
自分にはわかりません。
今回の登詣では最初の歌のような(声名?)ところから、長いお経まで
一緒に唱えられる方が3人くらいいました。
どの本を見れば七面山でお唱えになるお経が書いてあるのだろう?
それすらわかりません。
 

祝・七面山50回登詣

 投稿者:KIMU  投稿日:2014年 1月22日(水)00時18分16秒
  雪の中のご参拝 お疲れさまでした。
50回!素晴らしいです☆
七面さんもお喜びの事と思います。
近くとも続けて登ると言う事は、なかなか出来ないものです。
これを糧に更に信仰を深められるようお祈り申し上げます。

久しぶりの参籠だったんですね。
前別当さんより、内陣脇のお堂の参拝させてくれていますね。
私は、昔から夜中に忍び込んで、勝手にお参りしていましたが)^o^(
龍の爪?とかあるんですよね。
不満は、ちゃんとお釈迦様の骨 仏舎利の説明とかして、
改めてお経をあげるといいのに、とか思いますけどね。

七面山から来た年賀状を見ても 大分 お手伝いの方の顔ぶれが変わり
月日の流れを感じますね。

かみさんとご縁を頂いて、もう15年位経ってますよね。早いですね。

今 夏の書き込みを読み返し、蜂に刺された件
お元気ではないと、書き込みも無いわけで、これも感謝ですね、



お葬式
丁寧ですね。ウチは、21、や25は、読まないかも。
12と16の訓読があったりとか。
一般の方は、声を出さないので、もったいないと私は感じます。
一生懸命読むことで供養になると思って
声を出して欲しいな、と思います。

>また、お話もお話しできなくなっていて
>何を言われているかわからなかった
???
う~ん これは、お説法が意味不明だったってことでしょうか?



ちょっと質問ですが、本栖湖から身延まで
車でどれくらい時間がかかりますか?
タクシーでもいいから、行きたいという人がおりまして・・・。


私の方は、先週 身延山 久遠寺に新年のお参りに行って来ました。

あの菩提堤の階段にて筋トレをしている中学生?の団体がいました。
10往復だか20往復中だそうで・・・おばさんはビックリです。

車は駐車場に入るまでが渋滞していましたが、境内は、そんなに人気も無く
静かな中で参拝出来ました。

尼さんが、「えい!えい!」言って
御祈祷しながら読経を続けるグループがおりましたが。

ご廟所は、更に静かで、凛とした空気に包まれ
離れた所で題目修行の方の声を耳にしつつ、読経出来ました。

また本年も信仰を通じてご厚誼の程 改めてお願いします! 
 

先日のお葬式にて

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 1月20日(月)20時34分12秒
  知り合いのお父様がお亡くなりになった。
こちらのお寺のお通夜は以前も参列しており雰囲気はわかっていた。

開経偈 2 欲令衆 12 16 21 25 そこからご焼香・・・
お題目は108回。 ご遺文など。

よく、ねんごろにお経をお唱えいただき、というがそんな雰囲気。
自分そこそこわかるから長さも感じないけれど、
通常の方は長く感じられるでしょうね。

また、お話もお話しできなくなっていて
何を言われているかわからなかった。
評するのは簡単かもしれませんが、
難しいものですね。
 

七面山に行ってきました

 投稿者:かみ  投稿日:2014年 1月 4日(土)13時38分47秒
  50回目の七面山、
年末の雪が残っていて、
19丁でアイゼン装着、その区間を過ぎると雪は少しで
かちゃかちゃと音を立てて歩きましたが、23丁を超えると
雪の参道でした。
人は少なくて、静かな七面山でした。

決して多いとはいえない回数ですが、
それでも区切りということで、
七面様と山とこのHPを開かせていただいていることに
感謝の合掌をしてきました。
kimuさんのご縁にも感謝しています。

さて、夕勤のあと、内陣の中に入れてもらえました。
内陣の七面様の奥に釈迦像と仏舎利、
その横の部屋にお万の方縁の宝物や山の古いお宝などが
安置してあり、そこを初めて拝しました。
とにかく寒い部屋でしたが。
(今の時期は朝お茶を置くと少しすれば凍っているとか・・)
初めての経験です。

それと、駐車場が隣になった男性が7日間連泊で、
山に登って泊まり、下って再度上って泊まりを繰り返しているのだそうです。
罪障がお釈迦様より深いのでそれは当然のことです、
とおっしゃっていました。
自分こそです。


1月は菩提寺でお蔵開きがありますが、
今回は休日なので参加申し込みをしました。
何も知らないでその書かれたお題目を拝しただけでも
体がぽかぽかしてくる感じがしますよ。(古いご真筆だそうです)
 

七面山に行ってきました

 投稿者:かみ  投稿日:2013年 8月14日(水)07時41分57秒
  なかなか行けない七面山ですが、夏休みを利用して行ってきました。
今年は大トラブルで行くのが1日遅れてしまい、
お盆の入り。
下山後、菩提寺に精霊様をお迎えに行くことも考えていたので
ちょっと急ぎで登ってきました。
(自分の中では事前にお墓の掃除と親戚周り、13日に精霊様お迎え墓参り、
 15日に送り火という感じですが・・・)
ほとんど他の方とお話しすることなく登ってきましたが、
休憩所で23・36とそれぞれけっこう話し込んでしまい、
時間は普通でした。

山は静かで登詣の方も夏休みとしては少ない印象でした。
二の池では深い緑色。
波もなく、とろーり!という感じでした。
で、タイミング良く、静かな風が吹き、一瞬陽がさしたためさざ波が起こり、
きらきらとすてきな光を拝することができました。

下山後、墓参り、
庭にミニ塔婆 を立てて、芋の葉を切ってきておいて、
その前でお線香と自家製たいまつを燃やして迎え火しました。
やり方があっているのかどうかなんてわかりませんが・・・

大トラブル・・・
柿の木(これ、売り物にもならんのに尋常じゃない本数あり)の手入れをしていたら
蜂に刺された。
今年に入って3発目・・・

蜂って刺されてから30分間が勝負で、複数回目の抗体ができている(=命の危険あり!)
人はそのじてんでやばいのだと。
自分は3時間後に救急に行ったけど、遅すぎといわれましたわ。
(今生きているから大丈夫とか?)
そしたら、その後、刺された手の甲が腫れてきて、グローブ状態、
肘に向かって手首を登ってくる感じ。手も握れない。
いやー次回は更にやばいかも・・・
テレビなどで言うように1回目は大丈夫、2回目は抗体ができるから命に関わる、
と言うほど極端な物ではないらしいですが、
次はすぐに市の病院に行け、と言われましたわ。
(救急に土日、月曜日に町医者に行きました・・・)
 

レンタル掲示板
/15